ワーキングぱぱクエスト ~共働きの花婿~

「もう期待しない」とは言わせない。共働きが多いこんな時代だからこそ、男にできる子育てがあるはず!!

【出産準備】搾乳機はいらない?必要?

みなさん、こんにちは。
さとちゃんです。

 

今日は出産前に我が家でも悩んだ

“搾乳機は必要なのか?”

について、実体験に基づき書いていきます。

 

結論からいうと
“赤ちゃんが生まれてからじゃないと
本当に必要かどうかの判断できないので、出産前に決めなくていい”
というのが私からのアドバイスになります。

 

そもそも搾乳が本当に必要になるのかどうかは
特に、赤ちゃんとお母さんの“体調”“入院の有無”等で

大きく状況が変わります。

 

これらの要素は


実際にその時になってみないと
(つまり、赤ちゃんが生まれてみないと)
分かりません。

 

従って、搾乳の必要性についても
出産後でないとはっきりしないため、

同様に、
購入するかどうかの判断についても、
“出産後に判断するのが最適“
というのがベストな答えになってきます。

 

実際にネットの書き込みを色々と見ていると、
「必要だと思って買ったけど使わなかった」
というケースはもちろん
「買うつもりはなかったけど、どうしても必要になった」
という声もあります。

 

ただ、
すでに出産前のタイミングで
“将来的に搾乳(ミルクを自分でしぼること)が必要になるだろう”
と分かっている場合には、
どんな商品があるのかぐらいをチェックしておくのはいいかもしれません。

 

ちなみに、搾乳が必要になる例でよく挙げられるのは下記のようなケースです。

 

●産後にママが仕事復帰して、毎回母乳を直接飲ませられない場合
●産後、赤ちゃんかママのどちらかが入院して別々に暮らす為、母乳を直接飲ませられない場合
●赤ちゃんがミルクを上手く吸えず、直接飲ませられない場合
●ママがあらかじめ搾乳しておいて、代わりに誰かに飲ませるのを任せたい場合
胸の張りがひどく、張りを解消したい場合

 

上記のいずれかに該当するのであれば、
おのずと搾乳が必要になってくる可能性が高い為、
いくつか候補を探しておくのが良いかもしれません。

 

ただし、上記に該当する場合でも、
すぐに搾乳機の購入をする必要はありません。

 

それは
“自分で絞る”
という方法があるからです。

 

まずは出産してからはしばらく自分で絞ってみて、
ということでも遅くはないと思います。

 

自分で絞るスタイルを試してみた上で、
なんら支障や不都合がないのであれば
これもまた購入する必要がないからです。

 

しかし、自力で絞り始めたものの、
どうしても搾乳機に頼りたいケースが出てきます。

 

そうなった時になって初めて購入を具体的に考えるのがベスト

ではないでしょうか。

 

例えば、

 

●一日の搾乳回数が多く、自力だと手の痛みがつらい
●搾乳時間を少しでも短縮したいので、左右同時搾乳をしたい

 

こんなケースです。

 

このように、実際に搾乳機をどれだけ必要とするかどうかは、
産後の入院状況や赤ちゃん・お母さんの体調等の要素で
いくらでも変わってくる為、

出産準備段階で判断するのは時期尚早

かもしれません。

 

今はネット通販もあり
必要になればすぐに自宅に届く環境も整っていますので、
不確定要素が多い出産前には無理して買わない方が得策と思います。

 

因みに我が家のケースでは、
出産前は“要らないだろう”と思っていましたが、
今となっては超ヘビーユーザーです。

 

さ~、今日も育児たのしもう