ワーキングぱぱクエスト ~共働きの花婿~

「もう期待しない」とは言わせない。共働きが多いこんな時代だからこそ、男にできる子育てがあるはず!!

赤ちゃんの便秘、お腹の張り!なんとかしてあげたい!

みなさん、こんにちは。
さとちゃんです。

 

生後2か月になる娘のお腹の張りがひどく
いつも苦しそう [。>_<。]

です。

 

ちなみに、娘は生まれてから今日まで
病院から処方された薬をずっと服用し続けています。

 

病院の先生からは
この薬の副作用によって

“お腹の張りが出やすいかも”

とは言われていました。

 

それにしても、特にミルクを飲んだあとのお腹が

パンパンカチカチでして

ちょっと異常じゃないか・・・Σ(~ロ~;)

と心配になるほどでした。

 

そこで先週、総合病院で検査をしてもらった結果、

 

● 肛門狭窄(こうもん きょうさく)
 肛門の出口付近の一部が狭くなっていて、ガス・うんちが出にくくなる症状
 通院で肛門付近を広げる予定。ひどくなったら手術が必要かも。


● 胃軸捻転(いじくねんてん)
 胃がねじれることによって、ガスやうんちが出にくくなる症状
 新生児の場合は、成長とともに改善される場合がおおい。

 

との診断を受けました。

 

酷い場合には手術が必要になることもある
ということですが、
いまのところ娘の場合はそこまでの症状ではなく
通院は必要そうだが、とりあえずは経過観察になりました。

 

まずは一安心・・・

 

とはいえ、
お腹が苦して泣いていることも多く、

何とか症状を軽くしてあげたい。

 

そこでお医者さんからのアドバイスもあって
今は下記の方法を実施しています。

 

少しずつ効果も見え始めているので、
日々、、、試行錯誤中です。

 

① 右を下にして寝かせる
大人の場合でもガス抜きの場合には右をしたに寝るといい
と言われるようで、
同様に赤ちゃんにも効果があるとのことです。

クッションを背中において
右側を下に横向きに寝させています。

実際やってみたら、
ぷーぷー(笑)
ガス抜きしてくれたので、継続してやってます。

 

② ミルク飲んだあとのげっぷ
ミルクを飲んだ後が一番お腹が張りやすいです。
百発百中とはいきませんが、
なるべく飲んだ後にはげっぷでガス抜きしてあげるようにしてます。

ただし無理にげっぷをさせようとたたきすぎたりすると
ミルクを戻してしまうこともあるので、加減が難しいです。

 

③ 綿棒浣腸
これが一番効果的!!
やってあげると大体の確率でうんちとガス抜きに成功します、
もちろん、やってあげた後は、

とってもすっきりした顔をして気分もよさそうです!

 

慣れてくると簡単なので、おススメです。

 

~~~~~~~~~以下、方法~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(Ⅰ) 綿棒にオリーブオイル(もしくはワセリン)をつけて、
   綿棒の先が隠れるくらい(1~2㎝)までゆっくり肛門にいれます。

 

(Ⅱ)肛門の口・内部を広げるイメージで、
   ゆっくりと綿棒を回し、肛門を刺激してあげます
  ※大体3~4周くらい回してあげるといい感じです。
   ちゃんと刺激できていると、徐々に肛門の口が緩くなってきて
   最終的には肛門が開いていくのが目で見て分かります

 

(Ⅲ) なんということでしょう・・・
           お腹に溜まってたガスやうんちをいっぱい出してくれます
   ※大量噴射(笑)することもあるので要注意です。

    (*'∀')b スッキリ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その他にも、お腹周りのマッサージも紹介され実践しています。
また効果が出たら紹介したいと思います。

 

お腹がすいてミルクは飲みたいけど、
飲んだら飲んだでお腹が張って苦しそうです。

 

早くなんとかしてあげたい。

 

それにお腹の苦しさが解消され泣かなくなったら、

寝る時間が増やせる(笑)

 

さ~、今日も子育てたのしもう!